資金計画の住宅ローンの金利

 

住宅ローンもしっかり検討して決めましょう

家は多くの人にとっては、一生に一度の大きな買い物です。
なので、資金計画はしっかり考えて進めましょう。その中でも大きいのが「住宅ローン」ではないでしょうか。資金計画はお客様それぞれによって違いますが、1,000万、2,000万、時には3,000万近くのローンを組んで、お家を建てていただいています。
ありがちな話ですが、間取りや設備、インテリアは考えていても楽しく、みなさんがんばって色々調べて様々な施工事例を参考にして検討されます。
でも、住宅ローンになると楽しい話ではなく、内容も難しい点が多いので、あまり調べて検討せずに住宅会社や銀行さんにお任せしてしまうことが多くなってしまいます。

いざ、住宅ローンを検討する時にどうするか?
住宅会社に紹介された所か、主に使っている銀行か、あとは知り合いがそこでローンを組んだから、という方が多いです。そして、
『あなたの年収なら、「〇〇万までローンが組めますよ」と言われたので、そのように組んだ』
という方も多くいらっしゃいます。
でも、それは、「いくらまでローンが組める」ということであって「いくらでローンを組むのが良い」ということではありません。結果として、その後の返済で新しいお家での暮らしに余裕がなくなってしまう可能性もあります。

ご家庭によって家計の状況は違いますし、建築後のライフプランももちろん違います。
ローンを組んでから後悔しないように、間取りやインテリア同様、検討して選ぶことでその後の暮らしが大きく変わってきます。
各住宅ローンの内容をしっかり検討して、ご自身にあったローンを組みましょう。

住宅ローンは、大きく分けて3種類

そもそも、住宅ローンにはどんなものがあるでしょうか?
大きく分けて、3種類の金利パターンに分かれます。それが、
1.変動金利
2.期間付固定金利
3.全期間型固定金利
になります。それぞれにメリット、デメリットがあります。

1.変動金利

〇メリット :固定金利より当初は金利が低い
〇デメリット:金利上昇のリスクがある

世の中の金利によって、その時々で金利が変わる(変動する)ローンです。
景気があまり変わらず、世の中の金利が低いければローン金利も低いですが、景気が良くなっていくとそれに合わせてローン金利が高くなっていく可能性があります。

2.期間付固定金利

〇メリット :一定期間は金利が上昇しない
〇デメリット:固定期間終了後に金利上昇のリスクがある

「3年固定」「5年固定」「10年固定」と様々な固定期間があり、当初その期間内は金利が固定されるタイプです。
固定期間終了後に世の中の金利状況を見て、再び固定金利を組むか、変動金利を組むかを選択します。
変動金利よりも固定金利の方が、金利は高くなります。
固定金利は一定期間または全期間に渡って、金利が上がらない、という保険がかかっているようなものです。その保険の分、金利が高くなると考えると分かりやすいのではないでしょうか。

3.全期間固定金利

〇メリット :金利が変わらない安心がある
〇デメリット:変動金利よりも当初は金利が高い

ローン期間中、最初から最後まで金利が決まっており、変わらないローンです。
「フラット35」などが、これになります。

では、住宅ローンはどのように選べばいいの?

住宅ローン選びの大事さも分かった、ローンタイプが3種類あることは分かった。
では、どのようにして、何を基準にして選べばいいのでしょうか?

  • 自分たちのライフスタイルを考える
  • 固定金利は金利が上がらない保険がかかっているので、その分金利が高い
  • 銀行によって、各種手数料がや保証料、団体信用生命保険が違う可能性があるので、チェックする

大事なことは、ご自身のライフプランに合わせて、検討する事です。
ご家庭によって収入が違いますし、お子さんの人数、今後の教育費用も違います。建てた当時の暮らしだけでなく、将来的なご家族の暮らしも踏まえて、ローンを選択しましょう。

ライフプランを考える、と一言で言っても将来的にどのように収入の変化を考えるか、子どもの養育、教育費はどれぐらいかかると想定するか、などなかなか難しい部分も多いです。
また、資金計画では住宅ローンだけでなく、各種保険等の検討も関わってきます。
インターネット等での情報収集だけでは足りない部分も多いので、住宅会社さんやファイナンシャルプランナー(FP)さんのような専門家に相談すると正しいアドバイスをもらえます。

当社でもファイナンシャルプランナーさんをご紹介していますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

 

 


  

資料請求

家づくり相談

 

 お電話でのご相談は、こちら  TEL:0536-32-0121

ページトップへ