スタッフブログ

鈴木 太 自己紹介へ

おがくずや端材、欲しい方もらってください!

2022/04/27(水) 工務店の日々

こんにちは!

新城、豊川で大工さんとつくる新築注文住宅、鈴木工務店の鈴木 太です。

 

無料でおがくずや端材を差し上げています。どなたも遠慮なくどうぞ!

鈴木工務店では、社内に加工場があり、大工さんたちが現場で使う材料を加工しています。

その際に、必ず出るのがおがくずや端材です。そのおがくず、端材を無料で差し上げています。これまでは、一部は欲しいと言っていただける方にお譲りし、あとは処分場に運び木材チップにして処理していました。ですが、もっと地域のみなさんで利用していただければと思い、このブログにてお知らせさせていただきます。

 

おがくず

木の種類は選別していないので、複数の種類が混ざっています。

おがくず

おがくずの量は現場状況によって変わるので、もっと出る時もあります。

 

これまで、当社のおがくずを利用される方は、

・農作業をされる方が、畑の土に混ぜるために。肥料として、というよりも畑の土と一緒に耕運機で撹拌すると、畑の土がふかふかになるそうです。

・地域の移動動物園さんが、動物のケージの敷材として。

・豚の飼育をされている方が、動物園と同じく敷材として。

というご利用が多いです。もちろん、上記方法に限らず、欲しい方に自由に利用していただければと思います。

 

現場作業においては、様々な種類の木を使います。

そのため、出るおがくずも、桧や杉、パイン材と複数の種類が出ます。時には、作業場で合板を加工する時もあります。おがくずを袋詰めする時には、樹種ごとに分けていませんので、種類を限定したい方には不向きかもしれません。

おがくずが欲しいけど中身が気になる、という方は、事前にお問合せください。

 

また、端材も差し上げています。

端材ですと、DIYでの加工や、バーベキューやキャンプの焚き物などのご利用ができるかと思います。冬場になると薪ストーブの焚き付け材にもなります。

 

おがくずや端材

おがくず同様にこちらも樹種は様々です。

 

 

 

 

無料です。ただし、取りに来られる方のみです。

・おがくず、端材ともに無料です。

・鈴木工務店まで取りに来られる方に限らせていただいています。また、その際には入れる袋や段ボールをご持参ください。

・鈴木工務店の事務所は、「愛知県新城市大野字上野76-8」です。

・その時の現場や社内での処分状況によって、おがくず、端材ともにない時もあります。電話やLINE、お問合せフォームより事前にご連絡をお願いします。

 鈴木工務店電話 → TEL:0536-32-0121

 LINE公式アカウント → 友だち追加

 お問合せフォーム → お問合せフォーム

 

お気軽にご利用ください。

 


 

 

資料請求 LINE公式アカウント

 

記事一覧

1ページ (全13ページ中)

ページトップへ