スタッフブログ

鈴木 太 自己紹介へ

9月です。台風シーズンです。

2020/09/01(火) 家づくりのこと

みなさん、こんにちは。

 

9月になりました。

まだまだ、暑い日が続きますが、そのピークも過ぎて、朝や夜にはちょっとだけ過ごしやすさを感じられるようになってきましたね。

 

そして、8月下旬から徐々にニュースをにぎわせてきているのが、『台風』関連のニュースです。

今も、沖縄地方に台風9号が襲来し、猛威を奮っています。

 

そう、これからはまさに台風シーズン。

近年、猛烈な台風が上陸し、この東三河地域にも被害が出るようになっています。

台風が過ぎた後には、

「屋根瓦が飛んでしまった」「雨が漏ってしまった」「シャッターが傷んだ」

等のご連絡が、OB顧客様に限らずご連絡をいただきます。

 

これらの被害は早く修理しないとさらに広がってしまう不安があるし、場合によっては日々の暮らしにも影響するので、とにかく早く直したいですよね。

でも、ここで気を付けてください。

自然災害による住宅被害では、限られた地域の中でその被害に合われた方が大勢いらっしゃいます。

みんな早く直してもらいたいので、当社のような工務店さんや屋根屋さん、板金屋さんは地域のみなさんからの修理依頼に大忙しになります。

 

そうしますと、現れるのが悪質業者です。

 

国民生活センターのサイトでも注意喚起がされています。

自然災害時の悪質商法に関する情報が発信され、消費者を保護しようとしています。

詳しくは、こちらから。(国民生活センター:災害に便乗した悪質商法)

 

以下は、台風被害の後に実際に合ったトラブルをもとにしたリーフレットです。

台風の修理

そして、こちらは保険金手続きに関するトラブルをもとにしたリーフレットです。

住宅の修理の保険

 実際に、関西のある地域でこんなことがありました。

記録的な台風に見舞われ、多くの家屋に被害が出ました。被害の規模が大きく、壊れた家屋への対応が遅れました。

ブルーシートを被せて、応急処置をしていましたが、雨漏りが心配な方はすぐに直してほしいものです。

工務店さん、業者さんは、なかなか手が回らなくなってしまいます。

 

そんな時に、悪質業者がその地域に侵入してきました。

屋根職人さんの日当が5万円に跳ね上がったそうです。

屋根の修理工事は、平常時の価格の3倍にまで上がってしまったそうです。

  

「大事な家が被害に合ったら早く直したい」

被害に合われたみなさんが、同じ気持ちだと思います。でも、悪質業者はその心理をたくみについてみなさんの元にやってきます。

台風被害の上に、悪質業者の被害にまで合わないように、みなさん気を付けてください。

 

お家についてのお困りごとは、建ててくれた工務店さんや住宅会社さんへ。

もし、その会社に頼れない時には、地元の安心して任せられる工務店さんに相談するようにしてください。

決して、飛び込みで来たような修理業者や初めて見るチラシの業者など、に相談しないように、気を付けましょう。


  

資料請求

家づくり相談

 

 お電話でのご相談は、こちら  TEL:0536-32-0121

記事一覧

1ページ (全8ページ中)

ページトップへ