ページトップへ

基礎工事【基礎一体打ち工法】

当社では、基礎工事から自社職人の手で行います。
基礎は、大事な住まいを支える重要な部分です。
強い構造を支えるためにしっかりした施工をすること、そしてもう一つ鈴木工務店がこだわるのが
基礎の底盤(ベース)と立ち上がりのコンクリートを一体で打つことです。

まずは、工程からその違いを見てください。

1.これまでの工法(底盤と立ち上りのコンクリートを別々に打ちます)

①まず、底盤のコンクリートを打ちます。

 

 

②底盤のコンクリートが固まったら、立上りの型枠を施工し、コンクリートを打ちます。

 

③基礎完成。底盤と立ち上りの間に打ち継ぎができています。

 

2.鈴木工務店の基礎工法【基礎一体打ち工法】

①型枠を底盤と立ち上りと一体的に施工します。中の立ち上がりは、金物を使用して、宙に浮いています。

 

②コンクリートを打ちます。まずは、立ち上がりから流し込みます。

 

③立ち上がりのコンクリートを打ったら、底盤のコンクリート打ちます。

 

この【一体打ち工法】の内部は、このようになっています。

先ほどの写真にあった宙に浮いた型枠は、このようにスペーサー金物を使用して
施工しています。

では、一体打ちにすることでのメリットは。

①基礎コンクリートが底盤と立ち上りと一体的になることで強度が増します。

②コンクリートの打ち継ぎがあると、そこから白蟻等の害虫や雨水が侵入する恐れがあります。
 しかし、一体打ちはその打ち継ぎがないので、外部からの侵入を防ぐことができます。

③外周面が上から下まで一つの面となりますので、完成後の仕上がり面がとてもきれいです。

強くて、キレイな基礎は、大事な住まいを下から支えるためにとても重要となります。
実際の基礎の施工の様子は、「施工中現場レポート」からご覧ください。

 


『家を建てる』その時の第一歩として…

 家を建てるというのは、一生に一度あるかどうかの大きな買い物です。
 そして、
 ハウスメーカー、フランチャイズ、設計事務所、工務店…
 住宅会社もたくさんあり、それぞれに特徴があります。

 「まずは、何からはじめたらいいのか?」
 「どんな会社に頼んだらいいのか?」

 みなさんが不安に思うことです。
 でも、今このホームページを見ているあなたは、家づくりの第一歩を踏み出しています。
 こだわりの自分だけの住まいを建てたいあなた、
 技術のある職人さんに安心してまかせたいあなた、
 地元で、顔の見える会社で自分の住まいを永く見守ってもらいたいあなた、
 私たち、鈴木工務店の住まいをご検討ください。
 ご興味をお持ちの方は、
 下記のフォームよりお気軽に資料請求・ご相談ください。
 完成見学会も定期的に開催しておりますので、
 ぜひ足をお運びください。

 あなたの家づくりの第二歩目をお待ちしております。

 →資料請求はこちら